管理人について

多趣味な既婚看護師の私がこのサイトの管理人です。子どもが生まれたばかりの頃は、趣味も無く毎日が子育てと家事ばかりでした。そんな毎日に嫌気がさし、最初に始めた趣味から火がついてしまい、今は多趣味で仲間と毎日SNSで楽しんでいます。このサイトは、趣味が人生を楽しくする事を知っていただける情報サイトです。お気軽に読んでもらえたら嬉しいです。お問い合わせ先>>【趣味の時間を!メールフォーム】

時間を確保!残業の少ない職場へ

時間を確保!残業の少ない職場へ

趣味の時間を作るなら、なるべく残業の少ない職場へ転職を考えたいものです。残業をしたくないと言うと仕事に対する意欲がないと評価されがちですが、残業が当たり前と考えている人の主観でしかありません。仕事は就業時間内に終わらせ、なるべく残業をしない方が自分のライフスタイルを楽しむ事ができますので、趣味を持つ人は思いきって転職を考えましょう。転職の大きな力となってくれる転職エージェントの活用や、今の職場を円満退職する事も転職を成功させるには必要だと思います。

  • 残業が理由の転職は正解

    残業が多いから辞めたいと言うと、そんな理由は認められないと言う人が多数を占めるのが現状です。怠け者や仕事に意欲的じゃないと言われがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか。転職理由の第2位には労働時間の長さや労働環境が入っている事から考えても、正当な理由になるのは間違いありません。残業を嫌がるのは悪とするのは、その多数の人達の主観にしか過ぎません。しかし、残業をしたくない人の意見は通りにくく、悪にされる事が大半となります。

  • 相談に乗ってくれるのがエージェント

    残業が多く、自分のライフスタイルにも影響が出てしまう時は誰でも転職を考えると思います。ですが、先の人生を変えるかも知れない転職はそう簡単には決められません。その為、家族や友人に相談するでしょうが、身近な人の意見はあまり参考にならない時もあります。そんな時は、転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントは転職先を探す以外でも転職相談にのってくれますし、転職のプロとしてのアドバイスは的確となります。

  • 面接時に伝えてはいけない本音

    面接では自分をアピールする事が大切です。ですが、長時間の残業が原因で退職したという事実を伝えるのは少し考えた方が良いです。なぜなら、物事の「多い」「少ない」は自分の主観です。ですので、残業が「多い」と言っても、他の人はそう感じなかったり、逆に自分は「少ない」と思う事に相手は「多い」と言うかも知れません。要は、その量を計るのはあくまでも自分の主観であって、それを訴え出るとなれば、自分の主張だけで物事を決めると受け取られてしまう可能性があるのです。

  • 円満退職のポイントは引継ぎ

    どんなに超過残業が多かったり、人間関係で頭を悩ませた職場でも、最後は円満退職をする事がおすすめです。世間は自分が思うほど広くはありません。転職先でバッタリと前職の上司や同僚に会うかも知れません。円満退職なら笑顔で挨拶できても、退職時にトラブルを起こしていては気まずい雰囲気となるでしょう。また、辞めた病院や上司の悪口を言うのは退職後でもNGです。勤め先の病院を非難したり上司の悪口を言う事自体、人間性が疑われてしまいます。

主婦におすすめのコンテンツ

このページのトップへ